赤面症の原因として、脳の中の交感神経と副交感神経のバランスがうまく取れていないと言う事が考えられています。そのため、このバランスを整える事で、赤面症が改善されると言われているのです。赤面症の治療で使用されている薬には、抗うつ剤や坑不安薬等がありますが、漢方薬の中にも赤面症に効果的だと言われている薬があります。特に、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)は、動悸、めまい、吐き気がある場合の不安神経症に効果があるとされています。また、柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)は、精神不安がある動悸、神経症に効果があるとされており、赤面症の症状緩和に良く用いられているようです。東洋医学的な立場から赤面症の要因を考えてみると、人前に出た時の緊張から来る不安感と言うのは、必要な物が不足しているから起こる感情だと言われています。血が足りない事による精神不安定、水分が足りない事による顔の火照り感等がそうですので、これらを身体の中から改善してくれるような種類の漢方薬を服用すると良いでしょう。病院によっては、赤面症の治療薬として抗うつ剤や坑不安薬等よりも漢方薬療法を行なってくれる所もあります。もし、漢方薬を試してみたい場合には、積極的に相談してみて下さい。ただ、漢方薬療法は体質改善を目標としていますので、赤面症に対する効果が現れるまでには長い時間が掛かる事もあります。その点は、十分に理解しておく事が大切ですー